営業の転職者インタビュー(370803)

pic1

努力が成果に、そして昇格や昇給に繋がる。 それを実感できる職場です。

大阪中央営業所/所長
西田 悠太

プロフィール入社11ヶ月目で営業社員約1000名中トップの成績を残した30歳の社員。3年目を迎えた現在は、全国188営業所の中でもトップクラスの成績を上げている大阪中央営業所の所長を任されている。これまでの経歴は、高卒後にプラスチック製品の製造会社の管理部門で約7年活躍。その後、住宅やマンションの配線工事を手掛ける会社に転職する。そこでは、電気工事士の資格を取得して2年半ほど経験を積む。そして、仕事の成果が自分に跳ね返ってくる営業職への転職を決意し、大和冷機工業株式会社に入社。現在に至る。

転職理由と、この会社に決めた理由

前職では、知人が経営していた会社で働いていました。30歳になるまでには転職をしようと決意していたので、次に挑戦する職種も決めていました。それが営業職です。これまでは、仕事の成果に対してお客様からの反応が見えない職種だったので、直接やり取りできる営業の仕事には魅力を感じていましたね。業界に関しては特に定めず、設備会社や運送会社など色々な企業に応募しました。その中の一社が当社です。たくさん内定はいただいたのですが、ずっと大和冷機工業が第一志望でした。その理由は、休日や手当などが充実していたからです。また、頑張りを昇格や昇給に反映する評価体制があることも魅力的でした。それに、同じ営業職を始めるにしても、せっかくなら大企業でスタートを切りたいと思ったんです。なので、内定をいただいたらすぐに入社を決めました。

仕事の感想と、入社してよかった点

pic2

入社後は1週間程度の研修を受け、その後はOJTで仕事を覚えました。しっかりと知識を身につけてからお客様先に伺えたのは、未経験入社の私にとっては嬉しかったですね。営業をしていて面白いのは、自分の対応次第でお客様の反応が変わるところ。その時は契約に至らなくても、次にどうすればいいかを考えるのが楽しいんです。もともと負けず嫌いな性格なので、すぐに結果が出なくても落ち込むことはありませんでした。むしろ、毎日が新鮮で面白いですね。例えば、初めてお会いするお客様の場合、訪問した日に契約することはまずありません。ですから、エリア担当になった挨拶をして、製品の調子について聞いていくんです。そして、何回も訪問を続けていくうちにポロっとお悩みを話してくださいます。そこで提案をすると、「西田君だから任せてみるか」と発注をしてもらえるんです。受注までが長い分、仕事をもらえた時の喜びは大きいですよ。

中途入社だから分かる社風・カルチャー

これまでの経歴に関係なく評価される社風です。営業未経験だった私も、結果を出すことで2年目には所長へと昇格できました。職場の年齢層は幅広いですが、年功序列といった風土はありません。継続して努力を続けることができれば、誰もがチャンスを掴める会社だといえますね。実際、30歳前後で所長に昇格している社員が多くいます。お客様への訪問をコツコツと続けていれば結果に表れてきますし、それが社内での評価を高めていきます。頑張りが報われる環境なので、真面目に業務に取り組める方には適した職場ではないでしょうか。後、前職と違うのはしっかりと休める環境があることです。以前は休みが不定期でしたが、現在は仕事も私生活も充実させることができています。今後の目標は、どこの営業所にも負けない組織をつくること。大阪中央営業所は全国でも注目されている拠点なので、模範とされる存在になれるよう、これからも頑張っていきたいですね。

大和冷機工業株式会社(東証・大証一部上場) 営業の転職情報を見る